• 文字サイズ変更
  • 文字を大きくする
  • 文字を標準にする
  • 背景色の変更
  • 背景色黒
  • 背景色青
  • 背景色黄色
  • 背景色白
  • サイトマップ
  • TRANSLATION
暮らし・手続き
子育て
健康・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
市政情報
観光

◆【開催御礼と資料配布】在来線等対策連絡協議会《講演会》 「公共交通網をみんなで『守り』『育て』『生かす』ことが『いきいきわくわくなまち』を生み出す」

2017年2月28日更新

※ この情報の掲載有効期間は終了しています

開催日 平成29年2月21日
開催時間 18:30〜20:00 (開場18:00〜)
開催場所 ホテルグランミラージュ 2階 天翔の間
対象 先着200名 (申込必要)
費用 無料

ご参加の御礼と当日講演資料の配布につきまして


 2月21日の講演会については、大変多くの方にご参加いただき、
盛況のうちに終えることができました。
 ご参加いただいた皆様方には、お忙しい中足を運んでいただき、
心から感謝申し上げます。

 当日の講演資料につきまして、講師の加藤先生からいただきましたので、
お手数ですが、下記から入手いただければ幸いです。

■講演会資料はコチラ(PDF形式)

 

趣 旨

 北陸新幹線(長野−金沢間)開業から、もうすぐ2年。

 新幹線効果の一巡とともに、市への来訪者を増やし、
街のにぎわいをどう維持・向上させるかなど、
新たにさまざまな課題が顕在化しています。

 このような中、新幹線とつながる鉄道線、在来線やバス・乗合タクシー等の
公共交通網の利用促進を通じて、
本市の経済活動や観光等産業の活性化、

そして魅力あるまちづくりをどうすれば呼び起こせるかを考える
きっかけとして、
以下の講演会を開催します。

チラシJPEG.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ■講演会チラシはコチラ(PDF形式)

 ■参加申込書はコチラ(WORD形式)

日 時

 平成29年2月21日(火) 18:30〜20:00 (開場/18:00)

会 場

 ホテルグランミラージュ2階 天翔の間
 (魚津市吉島1-1-20 電話 0765-24-4411)

プログラム

1.開  会 (18時30分〜18時35分)

2.講  演 (18時35分〜19時50分)

 <講師> 名古屋大学大学院環境学研究科都市環境学専攻 准教授
         国土交通省交通政策審議会委員  加 藤 博 和 氏

 <演題> 「公共交通網をみんなで『守り』『育て』『生かす』ことが
                    『いきいきわくわくなまち』を生み出す」

3.質疑応答 (19時50分〜20時00分)

4.閉会予定 (20時00分)

 講師プロフィール 

 加藤 博和 (かとう ひろかず) 氏  

  ◇昭和45年生まれ、岐阜県多治見市出身
   
名古屋大学工学部土木工学科卒業。
    同大学院工学研究科博士後期課程修了(博士(工学))。
    同助手を経て、平成13年から現職。

  ◇
人にも地球にもやさしい交通体系・まちづくりのための
    政策提言をテーマとして研究を行う傍ら、
    地域公共交通プロデューサーとして「現場」での
    公共交通企画に携わっている。

  ◇公共交通をめぐる国の制度見直しにも現場のマインドを注入すべく取り組んでいる。
  軽井沢スキーバス事故対策検討委員会委員として事故防止策立案に携わる。
  平成27年度、富山県地域交通ビジョン検討委員を務めた。

 ◇専門分野は、低炭素交通・都市計画、地域公共交通戦略、
  都市・地域再生政策。
 

    入場無料、定員200名
      ※ 定員になり次第締め切らせていただきます。

お申込み方法、締切

お申し込みは、別紙参加申込書にご記入の上、FAX、電子メール、郵送にて
魚津市商工観光課へ
お送りください。 

お申し込み締切 : 平成29年2月17日(金)

 ■講演会チラシはコチラ(PDF形式)

 ■参加申込書はコチラ(WORD形式)

お問い合わせは

商工観光課 交通政策係

〒937-8555 魚津市釈迦堂1-10-1 TEL:0765-23-1380 FAX:0765-23-1060

このページの作成担当にメールを送る

関連情報