• 文字サイズ変更
  • 文字を大きくする
  • 文字を標準にする
  • 背景色の変更
  • 背景色黒
  • 背景色青
  • 背景色黄色
  • 背景色白
  • サイトマップ
  • TRANSLATION
暮らし・手続き
子育て
健康・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
市政情報
観光

感染症情報(5/15〜5/21)

2017年5月25日更新

市内では、特に目立った報告はありません。

県内では、感染性胃腸炎の報告数が増加しました。
感染性胃腸炎は、ウイルスや細菌など様々な微生物が原因となりますが、この時期は、ロタウイルスによる感染性胃腸炎が子どもを中心に流行します。主症状は、下痢、嘔吐、腹痛などです。

胃腸炎の原因ウイルスは腸で増えるため、感染した人の便の中には多くのウイルスが存在します。ウイルス性胃腸炎は、ごく少量のウイルスで感染発症するため、普段から手洗いをこまめに行いましょう。また、お子さんのふん便や吐物は、マスク・手袋を着用の上、塩素系消毒剤などで処理し、感染を広げないことも大切です。

県内の感染症情報の詳細は、富山県感染症情報をご覧ください。

お問い合わせは

健康センター 母子保健係

〒937-0041 魚津市吉島1165 TEL:0765-24-0415 FAX:0765-24-3684

このページの作成担当にメールを送る

関連情報