• 文字サイズ変更
  • 文字を大きくする
  • 文字を標準にする
  • 背景色の変更
  • 背景色黒
  • 背景色青
  • 背景色黄色
  • 背景色白
  • サイトマップ
  • TRANSLATION
暮らし・手続き
子育て
健康・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
市政情報
観光

感染症情報(5/7〜5/13)

2018年5月18日更新

市内、県内ともに目立った報告はありません。

国内では、麻しん(はしか)の報告数が急増しており、注意が必要です。現在、県内での報告はありません。

<麻しんについて>
 麻しんウイルスは感染力が非常に強く、おもに空気を介して感染します。感染すると、約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。口腔内に、コップリック斑という特徴的な白い斑点が現れる場合があります。2〜3日熱が続いた後、39度以上の高熱と発疹が出現します。

<麻しんの予防法について>
 麻しんは予防接種をすることで高い予防効果を得ることができる感染症です。定期予防接種における麻しん風しん混合ワクチンの対象者は以下の通りです。母子手帳を確認し、未接種の方は期間内の接種をお勧めします。

☆平成30年度の麻しん風しん混合ワクチンの定期接種対象者と期限
 第1期:1歳児→2歳の誕生日の前日まで
 第2期:小学校入学前1年間の児(H24.4.2〜H25.4.1生)→H31.3.31まで
この対象以外の方は任意接種(有料)で接種することができます。医療機関でご相談ください。

県内の感染症情報の詳細は、富山県感染症情報をご覧ください。

お問い合わせは

健康センター 母子保健係

〒937-0041 魚津市吉島1165 TEL:0765-24-0415 FAX:0765-24-3684

このページの作成担当にメールを送る

関連情報