• 文字サイズ変更
  • 文字を大きくする
  • 文字を標準にする
  • 背景色の変更
  • 背景色黒
  • 背景色青
  • 背景色黄色
  • 背景色白
  • サイトマップ
  • TRANSLATION
暮らし・手続き
子育て
健康・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
市政情報
観光

「魚津総合公園賑わい創出に向けたパートナーシップ構築事業」実施に向けた『個別型サウンディング調査』を実施します

2018年11月8日更新

 魚津総合公園は、公園内に立地する魚津水族館のオープンと合わせて、昭和56年4月に供用開始がなされ、主な施設として、ふれあい広場、冒険広場、イベント広場、レストハウス、無料休憩所などが立地しているほか、昭和57年4月には遊戯施設である「ミラージュランド」が、その後「ミラージュプール」、「ミラージュハウス」の整備が進められてきており、富山県内のみならず近県からも来場者を迎える本市の観光・交流において極めて大きな役割を担う施設となっています。 その一方で、現在では、各種施設の老朽化の問題や利用者の伸び悩み、ミラージュランドと魚津水族館との一体性の希薄さ、公園来訪者に対する飲食等のファシリティの不備、季節・天候に左右される運営等について、課題が指摘されているところです。

 そこで、魚津市では、平成30年2月に「魚津官民連携地域プラットフォーム」においてワークショップを開催するとともに、平成30年9月には国土交通省が主催による「ブロックプラットフォーム サウンディング」への参加を通じ、官民連携事業の可能性等について、民間事業者より意見等をいただいてきたところです。

 引き続き、民間事業者の方々から、より具体性のあるご提案の提示や意見交換等を行いたいため、魚津官民連携地域プラットフォームにおいて「個別型サウンディング調査」を実施いたします。

 

 今回の調査においては、魚津総合公園を対象として、現在指定管理者の指定を受ける魚津市施設管理公社とパートナーシップを構築の上、賑わい創出に向けたソフト事業等を展開する事業の実施に係るアイディアや参加に必要となる条件等について、民間事業者の皆さまからご意見等を伺うこととします。

 

1.対話の内容

(1)にぎわい創出に向けたアイディアについて

  ・魚津総合公園のにぎわい創出、集客増加、収益力向上に向けた取組に対するアイディア

  ・取組み実施にあたって想定される収入増加の水準について

 

(2)スキームについて

  ・現在の指定管理者との間で「パートナーシップ契約」を締結するスキームの考え方について

  ・固定収入とプロフィットシェアによる支払いスキームの考え方について

  ・現在の指定管理者から支払われる固定的な支払い(固定収入)の必要規模、水準について

  ・プロフィットシェアの割合について

   (公社が費用を支出する取組、事業者が自主事業として実施する取組の別に)

2.対話への参加について

申込期間 平成30年11月8日(木)〜12月10日(月)午後5時まで

対話実施 平成30年12月17日(月)〜12月21日(金)

実施者 魚津市及び魚津市施設管理公社

 

3.実施要領他

 【魚津総合公園サウンディング】実施要領(PDF)

 【魚津総合公園サウンディング】資料_魚津総合公園の概要と事業の実施イメージ(PDF)

【魚津総合公園サウンディング】エントリーシート(word)

お問い合わせは

都市計画課 計画公園係

〒937-8555 魚津市釈迦堂1-10-1 TEL:0765-23-1030 FAX:0765-23-1066

このページの作成担当にメールを送る

関連情報