• 文字サイズ変更
  • 文字を大きくする
  • 文字を標準にする
  • 背景色の変更
  • 背景色黒
  • 背景色青
  • 背景色黄色
  • 背景色白
  • サイトマップ
  • TRANSLATION
暮らし・手続き
子育て
健康・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
市政情報
観光

平成29・30年度 建設工事、測量・建設コンサルタント業務等入札参加資格申請について(随時受付)

2017年6月7日更新

 

 

「建設工事」「建設コンサルタント業務等」入札参加資格審査申請書提出要領(随時受付)

  平成29・30年度において、魚津市が発注する建設工事の入札に参加を希望される方は、次の要領により申請書を提出してください。 

申請資格

 

共通事項

1 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4第1項の規程に該当しない者。同上第2項に該当するものであった場合、その事実があった後2年を経過した者であること。
2 税金を滞納していない者。
 

建設工事

1 建設業法第3条の規程により建設業の許可を受けている者。
2 建設業法第27条の23の規定に基づく経営に関する客観的事項の審査を受けている者(経営規模等評価結果通知書・総合評定値通知書にあっては総合評定値の記載のある者であること。)また、加入義務がある者については、健康保険、厚生年金保険及び雇用保険の全てに加入していることを要件とします。社会保険等への加入条件の確認は、総合評定値通知書により行い、当該通知書による加入状況がいずれも「加入」または「適用除外」となっていることが必要です。ただし、当該通知書における加入状況が「未加入」となっている保険について、入札参加資格申請時に「加入」または「適用除外」となった申請者については、その事実を証明する書類「保険料の領収書等」の添付があれば、申請を受け付けします。                                 
 

測量・建設コンサルタント等業務  〔営業に関し、法律上必要とされる資格を有している者〕

1 測量業務における「測量一般」、「地図の調整」及び「航空測量」を希望する方は測量法第55条の登録が必要です。
2 建築関係コンサルタント業務における「建築一般」を希望する方は、建築士法第23条の登録が必要です。
3

補償関係コンサルタント業務における「不動産鑑定」を希望する方は、不動産の鑑定評価に関する法律第22条の登録が必要です。

 

受付期間等

 1. 受付期間

平成29年4月3日(月)〜平成31年2月15日(金)   

午前9時から午後5時まで(正午から午後1時を除く)

 ※ただし、閉庁日(土曜・日曜・祝日)については、持参による受付は行いません。 

 2. 受付場所

 〒937-8555 魚津市釈迦堂一丁目10番1号
 魚津市役所財政課管財・契約検査係(市役所2階)
    TEL: 0765-23-1088   FAX: 0765-23-1051

 3.受付方法

 

 窓口持参又は郵送による申請 

   入札参加資格の審査結果等

1. 審査結果

 

提出された申請書は審査後、入札参加資格申請書登録通知票(申請時必要書類)にて通知します。

 〈*補足的事項について・・・特定JVで受注した過去の工事は、出資比率にかかわらず、工事成績及び優良表彰とも        加点対象とします。〉

2. 有効期間

名簿登載の日から平成31年3月31日まで

 申請様式のダウンロードページへのリンク

 

 

 

建設工事はこちらをクリックしてください↓

http://www.city.uozu.toyama.jp/download/svDLElsDtl.aspx?servno=731

 

測量・建設コンサルタント等業務はこちらをクリックしてください↓

http://www.city.uozu.toyama.jp/download/svDLElsDtl.aspx?servno=734

 

 


 

申請書作成の際は、下記申請区分に従い提出書類及び注意事項一覧表をダウンロードして、必ず確認してください。

 

建設工事 提出書類及び注意事項一覧表.pdf
測量・建設コンサルタント等業務  提出書類及び注意事項一覧表.pdf

 

変更届の提出について

申請後、申請事項に変更が生じたときは、速やかに入札参加資格変更届出書を提出してください。

入札参加資格変更届出書へのリンク

 

 

 

 

注意事項

 

 

 

1 市内業者とは、魚津市内に建設業の許可を受けた、主たる営業所を有する業者です。市外業者とは、魚津市外に建設業の許可を受けた主たる営業所を有する業者です。(魚津市内に支店、営業所があっても、市外業者としての登録となります。)

 

 

 

2 「経営事項審査」とは、公共工事を発注者から直接請け負おうとする建設業者が必ず受けなければならない審査です。経営事項審査の有効期間は、審査基準日から1年7ヶ月です。有効期限が切れる前に手続きをして、総合評定値の記載のある経営規模等評価通知書・総合評定値通知書が届き次第提出してください。(郵送可)        

 

3 会社更生手続、民事再生手続等を申請した場合には、その旨を速やかに届け出てください。

4 平成27・28年度の入札参加資格申請から、加入義務がある者については、健康保険、厚生年金保険及び雇用保険の全てに加入していることを要件とします。社会保険等への加入条件の確認は、総合評定値通知書により行い、当該通知書による加入状況がいずれも「加入」または「適用除外」となっていることが必要です。                                  ただし、当該通知書における加入状況が「未加入」となっている保険について、入札参加資格申請時に「加入」または「適用除外」となった申請者については、その事実を証明する書類「保険料の領収書等」の添付があれば、申請を受け付けします。

5 平成29・30年度建設工事入札参加資格審査申請書受付から、建設業法の改正に伴い、入札参加希望業種に「解体」を追加することとし、以下のとおり取り扱うこととします。

 平成28年6月1日から平成31年5月31日までの間に、「とび・土工・コンクリート工事」又は「解体工事」の経営事項審査を受け、その結果を添付して入札参加資格を申請する場合は、「とび・土工・コンクリート・解体(経過措置)」の総合評価値を用います。

 

お問い合わせは

財政課 管財・契約検査係

〒937-8555 魚津市釈迦堂1-10-1 TEL:0765-23-1088 FAX:0765-23-1051

このページの作成担当にメールを送る

関連情報