• 文字サイズ変更
  • 文字を大きくする
  • 文字を標準にする
  • 背景色の変更
  • 背景色黒
  • 背景色青
  • 背景色黄色
  • 背景色白
  • サイトマップ
  • TRANSLATION
暮らし・手続き
子育て
健康・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
市政情報
観光

性的少数者について

2017年6月6日更新

「すべての人が自分らしく いきいきと暮らせるまち 魚津」の実現に向けて 

 近年は、性的少数者に対する社会的関心が高まってきていますが、無理解から発せられる差別的言動、いやがらせやいじめによって、「生きづらさ」を感じながら生活を送っている人がいます。

 

**性のあり方は人それぞれ**

 「からだの性別」と「こころの性別」が違い、「こころの性別」に従って暮らしたいと望んでいる人や、同じ性別の人を好きになる人もいます。このような特徴は、病気ではありません。すべての人が互いに多様な生き方を認め合う社会を意識的に作っていくことが必要とされています。

**LGBTとは?**

 下記のような代表的なタイプの人たちの英語の頭文字をとって、「LGBT」と呼ばれます。

Lesbian(レズビアン)・・・女性同性愛者。女性として女性を好きになる女性。

Gay(ゲイ)・・・男性同性愛者。男性として男性を好きになる男性。

Bisexual(バイセクシャル)・・・両性愛者。同性を好きになることも異性を好きになることもある人。

Transgender(トランスジェンダー)・・・「こころ」と「からだ」の性の不一致。

(トランスジェンダーの人の1例:生物学上、女性として生まれたが、「こころの性別」は男性だと感じているので男性として暮らしたいと望んでいる人)

ミラたん14.png

 

(主なリンク先)

法務省関連ページ
文部科学省関連ページ          

 

 

 

お問い合わせは

地域協働課 市民交流係

〒937-8555 魚津市釈迦堂1-10-1 TEL:0765-23-1131 FAX:0765-23-1051

このページの作成担当にメールを送る

関連情報