• 文字サイズ変更
  • 文字を大きくする
  • 文字を標準にする
  • 背景色の変更
  • 背景色黒
  • 背景色青
  • 背景色黄色
  • 背景色白
  • サイトマップ
  • TRANSLATION
暮らし・手続き
子育て
健康・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
市政情報
観光

第三者行為(交通事故などにあったとき)

2016年4月1日更新

交通事故や傷害事件など第三者から傷害を受けた場合でも、国保でお医者さんにかかることができます。交通事故にあったら、すぐ警察に届け出ると同時に、国保の担当窓口にも届け出をしてください。

手続きに必要なもの
 ・国民健康保険証
 ・認印
 ・事故証明書(後日でも可)
 ・世帯主および対象者のマイナンバーのわかるもの(詳しくはこちら


(注意事項)

 交通事故など第三者から傷害を受けた場合、その医療費は被害者に過失のないかぎり加害者が全額負担するのが原則となっています。国保で医療を受けたときは、国保が一時的に立て替えて支払い、あとで加害者に立て替え分を請求することになります。しかし、加害者から治療費を受け取ったり示談をすませたりすると、国保が使えなくなります。示談を結ぶ前に国保へご相談ください。

国保で治療を受けられないとき
 ・加害者から既に治療費を受け取っているとき。
 ・業務上のけがのとき。
 ・飲酒運転、無免許運転などによりけがをしたとき。

お問い合わせは

市民課 医療保険係

〒937-8555 魚津市釈迦堂1-10-1 TEL:0765-23-1011 FAX:0765-23-1059

このページの作成担当にメールを送る

関連情報