• 文字サイズ変更
  • 文字を大きくする
  • 文字を標準にする
  • 背景色の変更
  • 背景色黒
  • 背景色青
  • 背景色黄色
  • 背景色白
  • サイトマップ
  • TRANSLATION
暮らし・手続き
子育て
健康・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
市政情報
観光

マイマイガが大量発生しています

2021年8月6日更新

マイマイガが大量発生しています

 現在、魚津市内において『マイマイガ』という蛾(ガ)が電柱や壁面にて大量発生しています。マイマイガは約10年周期で大量発生し、2〜3年は継続するといわれています。
 大量発生を一刻も早く収束させるため、各ご家庭や町内、施設管理者にて適切な対応をしていただくようお願いします。

マイマイガとは

 白っぽい色をした蛾の一種であり、世界各地に分布しています。幼虫は草花、樹木の葉を食い尽くすため森林害虫として有名です。
 毎年夏に産卵し、成虫はまもなく死亡します。幼虫は翌年の春に孵化します。
 幼虫の毛は皮膚炎を引き起こす恐れがありますが、成虫になると人体に害を与えないといわれています。ただし、りん粉やりん毛が皮膚や目に付くとかゆくなることがありますので、注意が必要です。


  成虫.png  卵塊.png
      魚津市内で確認されたマイマイガ    

 

対処方法について

 マイマイガの防除は、卵塊(らんかい)を撤去することが最も効果的と言われています。
 卵塊は、手の届く範囲であれば、壁を傷つけないようにあまり硬くない平らなもの(ペットボトルなど)ではがし、燃やせるゴミとして捨ててください。
      ペットボトルで作成した卵塊をはがす道具

 手の届かないような高いところにある場合は、ガンノズルなど高圧の水で洗い落とす方法があります。

 成虫は、蛾用の殺虫剤(市販)を使用することで効果が得られます。

※作業中はりん毛が舞い上がる可能性があるので、マスク・ゴーグル・手袋等を着用し、できるだけ肌が露出しないようにしましょう。


                 

 

お問い合わせは

生活環境課 環境安全係

〒937-8555 魚津市釈迦堂1-10-1 TEL:0765-23-1004 FAX:0765-23-1092

このページの作成担当にメールを送る

関連情報