こども医療費助成制度

2013年10月1日更新

平成25年10月診療分から、中学3年生まで入院、通院とも無料となりました!

○助成内容対象者
 0歳児から中学校3年生まで
 保険診療の自己負担分(食事療養費は除く)
○助成方法
≪0歳児≫
(現物給付)富山県内の医療機関
(償還払い)富山県外の医療機関
≪1歳〜中学校3年生≫
(現物給付) 市内医療機関
        黒部市内医療機関
        
厚生連滑川病院
        富山県リハビリテーション病院・こども支援センター
(償還払い)上記以外の医療機関

現物給付・・・資格証と福祉医療費請求書(ピンク色の用紙)を医療機関等に提出すると保険診療の自己負担分は、支払わなくてもよい。
償還払い・・・医療機関等で一旦立替払いし、受診の翌月以降に市こども課で手続きをすると、後日登録された口座に振込みされる。
※ 手続きには、領収書(受診者名・保険点数が明記)・健康保険証・資格証・口座(原則父親名義)の確認できるもの(通帳、キャッシュカードなど)・印鑑が必要です

所得制限なし

 ◎ 医療費助成を受けるための手続き
 出生・転入等異動のあった日の翌日から15日以内に、こども課で手続きしてください。

 【申請に必要なもの】
 ・お子さんの健康保険証
 ・認印
 ・所得課税証明書(申請者及びその配偶者)
  ※その年の1月1日(1〜9月までは前年の1月1日)に魚津市に住所がなかった方のみ
 ・個人番号(マイナンバー)カードまたは通知カード(申請者及びその配偶者)
 ・身元の確認できるもの(運転免許証など)

*資格証と福祉医療費請求書について*
有効期間:資格取得日(出生日・転入日等)から、中学3年生の3月末日まで
有効期間内、資格証の更新はありません。(住所や保護者変更があった場合は除く)
資格証は、大切にお持ちください。

福祉医療費請求書(ピンク色の用紙)がなくなったら

資格証とお子さんの保険証を持ってこども課にお越しください。最大で10枚発行します。
※両方とも揃ってない場合は発行できませんので、ご注意ください。
窓口に来られる方は代理の方でも結構です。

保険証が変わったら

そのままでは福祉医療費請求書は使えません。
資格証、余っている福祉医療費請求書、新しい保険証を持ってこども課にお越しください。

資格証を失くしたら、汚したら

こども課に手続きにお越しください。

お問い合わせ

〒937-8555 魚津市釈迦堂1-10-1
TEL:0765-23-1006 FAX:0765-23-1061

このページの作成担当にメールを送る

ページトップへ