• 文字サイズ変更
  • 文字を大きくする
  • 文字を標準にする
  • 背景色の変更
  • 背景色黒
  • 背景色青
  • 背景色黄色
  • 背景色白
  • サイトマップ
  • TRANSLATION
暮らし・手続き
子育て
健康・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
市政情報
観光

もやせるごみ

更新

■もやせるごみをごみステーションに出す場合■

[もやせるごみの指定袋]に入れて出すか、入らないものは[収集指定券]を貼って出してください。どちらの場合も町内会名を記入してください。

 

★ごみステーションに出すことのできる品目の例★

 ○衣類、布くず
 ○紙くず(新聞・雑誌・段ボールは、なるべく地区や学校などが実施する集団回収に出して下さい。)
 ○皮製品・布製品[グローブ、くつ、かばんなど]
  (製品に付いている金物類を取り外して下さい。)
 ○紙おむつ(汚物を取り除いて下さい。)
 ○焼却灰
 ○草・木の葉(土をよく落として下さい。)
 ○天ぷら油(紙にしみこませるか、市販の廃油処理剤で固めて下さい。)
 ○生ごみ(水分をよく切って下さい。できるだけ自家処理器で堆肥化するなどして、減量にご協力下さい。)
 ○ペットの砂
 ○木くず、木の剪定枝(大きさの制限を守って下さい。釘等は取り外して下さい。)



★ごみステーションに出すときの大きさの制限★

※棒状のもの 5cm角×30cm以内
  板状のもの 厚さ1cm×30cm角以内
上記以上の大きさのものについては、もやせないごみの粗大ごみの日に出して下さい。
ただし 箱物       縦1.2m×横1.4m×長さ2m
     角材・丸材等 縦20cm×横20cm長さ1m以内
のものまでです。また、これ以上の大きさのものについては、葛將テ清掃公社(TEL 22-0311)で、有料で処分してもらえます。お問い合わせ下さい。

○すべての畳(スタイロ畳を含む)……ごみステーションに出さず、直接処理場に持ち込むか専門業者へ処分を依頼してください。※有料


 

■もやせるごみを自分で処理場に持ち込む場合■

  ※事前の手続き(許可証)は、不要です。

【持込み先】        エコぽ〜と  朝日町三枚橋188-1  TEL 83-0272

【持込みできる日時】  月曜日〜金曜日は、午前8時30分〜午後4時30分

                土曜日は、      午前8時30分〜正午

                ※日曜日、祝日、振替休日は、休業します。
                ※お盆、年末年始については、お問い合わせ下さい。
【持込み手数料】  
                 50kgにつき200円(50kgに満たないものは50kgとみなします。)

【大きさの制限など】
                 ・木片、木くず、切株の場合 10cm角×1m以内
                 ・わら製の畳は、切断しなくても持ち込みできます。
                 ・大量に持ち込む場合は、事前にお問い合わせ下さい。



★大きさの制限を守りましょう★

 エコぽ〜とでは、一定の量のごみを焼却炉に供給する給じん装置が使われています。木片、木くずなどの大きさの制限が守られないと、給じん装置のスクリューにからまったり、ひっかかったりするので、焼却炉にごみの供給ができなくなります。もやせるごみを自分でエコぽ〜とに持ち込まれた場合は、ごみピット(ごみをためておくところ)に投入する前に、大きなものは一度、破砕機に入れて細かくしてから投入することができますが、ごみステーションに出された場合は、ごみを集めた収集車から、直接、ごみピットに投入されるので、大きさの制限が違います。ただし、自分で処理場に持ち込まれる場合でも破砕機に入る大きさの制限がありますので、どちらの場合も大きさの制限を守りましょう。

お問い合わせは

環境安全課 生活安全係

〒937-8555 魚津市釈迦堂1-10-1 TEL:0765-23-1048 FAX:0765-23-1092

このページの作成担当にメールを送る

関連情報