• 文字サイズ変更
  • 文字を大きくする
  • 文字を標準にする
  • 背景色の変更
  • 背景色黒
  • 背景色青
  • 背景色黄色
  • 背景色白
  • サイトマップ
  • TRANSLATION
暮らし・手続き
子育て
健康・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
市政情報
観光

介護保険サービスを使うには

2016年1月1日更新

介護サービス利用までの流れ

1.申請

 申請イメージ本人または家族が市の介護保険窓口で要介護認定申請をします。
 
申請に必要なもの(65歳以上の方)
(1)介護保険被保険者証
(2)要介護・要支援認定申請書(窓口にあります)
(3)個人番号カード、または個人番号通知カード
(4)本人の身分証明書(介護保険被保険者証のほか1点)
 
申請に必要なもの(40歳から64歳までの方)
(1)健康保険被保険者証
(2)主治医意見書
(3)要介護・要支援認定申請書(窓口にあります)
(4)個人番号カード、または個人番号通知カード
(5)本人の身分証明書(健康保険被保険者証のほか1点)
 
代理申請の場合(本人が窓口に来られない場合)
 窓口に来られる方の印鑑と身分証明(顔写真付、または写真なしのもの2点)
 
 

2.認定調査と主治医意見書

認定調査イメージ認定調査
 申請後に調査員が本人にお会いして心身の状態などをお聞きします。
 このとき家族の立ち会いをお願いします。
 
主治医意見書
 本人の主治医に心身の状況についての意見書を作成してもらいます。
 
 

3.審査・判定

認定審査会イメージ 訪問調査の結果によるコンピュータ判定(一次認定)と医師の意見書をもとに「介護認定審査会」で審査し、要介護状態区分を判定します。
 介護認定審査会の委員は、医療・福祉・保健の各分野から選ばれています。

 

4.認定・通知

 介護認定審査会の審査結果にもとづいて「要支援1・2」「要介護1〜5」「非該当」までの区分に分けて認定され、その結果を通知します。

要支援1
要支援2

介護保険の対象者だが、要介護状態が軽く、生活機能が改善する可能性が高い人など。

要介護1
要介護2
要介護3
要介護4
要介護5

介護保険のサービスによって、生活機能の維持・改善を図ることが適切な人など。

非該当

介護保険の対象者にはならないが、生活機能が低下している虚弱高齢者など、将来的にその危険性が高い人など。

5.介護サービス計画の作成

 区分に沿った介護サービス計画(ケアプラン)を立てます。ケアプランは、一般的にはケアマネジャーと相談して計画していきます。
 要支援の認定が出た場合は、地域包括支援センターからケアマネジャーがお伺いします。
 要介護の認定が出た場合は、本人や家族で居宅介護支援事業者を選んでください。

要支援…地域包括支援センターで介護予防サービス計画を作成
要介護…居宅介護支援事業者と介護サービス計画を作成
非該当…地域包括支援センターで介護予防サービス計画を作成

6.介護サービスの実施

要支援…介護保険の介護予防サービス
要介護…介護保険の介護サービス
非該当…市が行う介護予防事業(地域支援事業)

地域支援事業とは
 魚津市は、要支援・要介護状態にならないよう介護予防を推進し、地域でのさまざまな相談、マネジメントをする「地域支援事業」を実施しています。

お問い合わせは

社会福祉課 介護保険係

〒937-8555 魚津市釈迦堂1-10-1 TEL:0765-23-1148 FAX:0765-23-1073

このページの作成担当にメールを送る

関連情報