• 文字サイズ変更
  • 文字を大きくする
  • 文字を標準にする
  • 背景色の変更
  • 背景色黒
  • 背景色青
  • 背景色黄色
  • 背景色白
  • サイトマップ
  • TRANSLATION
暮らし・手続き
子育て
健康・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
市政情報
観光

婚姻届

2017年4月12日更新

届出人 

夫と妻(となる人)

届出先 

夫または妻の住所地、本籍地 、もしくは一時滞在地の市町村役場

届書 

1通
・ 成人者の証人2名の署名、押印
・ 未成年者は父母の同意(署名、押印)が必要

必要なもの

・ 夫となる人、妻となる人両方の印鑑(旧姓のもの)   ※認印で構いません
・ 窓口へ行く人の
本人確認ができるもの(運転免許証など)
・ 本籍地以外で届け出るときは、届出人の
戸籍謄本(又は戸籍全部事項証明書)
・ 転出証明書(市外からの転入者のみ)
・ 国民健康保険証(加入者のみ)
・ 国民年金手帳(加入者のみ)
・ 仕事を辞めた日のわかる書類(退職後、まだ国民健康保険に加入していない方のみ)

届出時間

 月曜日から金曜日の平日(8:30〜17:15)

※これ以外は時間外受付となります。市役所海側の宿直室へお越しください。なお、時間外は届出の内容確認ができませんので、事前に市民課で確認してから届け出られることをお勧めします。

 

 

サラリーマンの妻などの手続き(国民年金)

 夫がサラリーマン(厚生年金保険や共済組合に加入)の場合、夫に扶養されるようになったときや夫の扶養から外れたときには、次のような届出が必要です。 

扶養されるようになったとき

  夫が厚生年金保険や共済組合に加入している場合、その被扶養者となっている妻は「第3号被保険者」となりますが、そのためには届出が必要です。
 手続きは、担当課に用意してある「国民年金被保険者資格取得(第3号被保険者該当)届書」に必要事項を記入し、夫の勤務先事業主等確認欄の証明を受けてから、年金手帳、印鑑、健康保険証をご持参のうえ、市民課で行ってください。

扶養から外れたとき(収入の増加など)

  夫に扶養されなくなった場合は、第3号被保険者から第1号被保険者への資格変更届をすることが必要となります。
 手続きは、年金手帳と印鑑および扶養されなくなった日がわかる書類をご持参のうえ、国民年金の窓口で行ってください。
 
 


 

お問い合わせは

市民課 市民係

〒937-8555 魚津市釈迦堂1-10-1 TEL:0765-23-1003 FAX:0765-23-1059

このページの作成担当にメールを送る

関連情報