• 文字サイズ変更
  • 文字を大きくする
  • 文字を標準にする
  • 背景色の変更
  • 背景色黒
  • 背景色青
  • 背景色黄色
  • 背景色白
  • サイトマップ
  • TRANSLATION
暮らし・手続き
子育て
健康・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
市政情報
観光

熱中症に注意しましょう(熱中症予防対策について)

2019年7月26日更新

猛暑日が続き、熱中症のリスクが高まっています。熱中症は屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、場合によっては命にかかわることもあります。
熱中症対策をしっかり行い、健康管理に十分注意しましょう!

熱中症予防

暑さを避ける

・エアコン、扇風機を適切に使用し室温を調節しましょう。
・外出時には、日傘や帽子を着用し、直射日光を避けましょう。
 また、涼しい場所や日陰を利用しましょう。
・暑い日は、無理をせずこまめに休憩をとりましょう。

 

こまめに水分を補給しましょう

・のどの渇きを感じなくても、こまめに水分を補給しましょう。
・大量に汗をかいた時は、経口補水液やスポーツ飲料などで水分に加え塩分も補給しましょう。

 

 <熱中症の症状>
めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い
頭痛、吐き気、嘔吐、だるい
重症になると…返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

 

熱中症が疑われるときは

・涼しい場所に移動し、安静にしましょう。
・衣服をゆるめ、からだを冷やしましょう。(特に、首の回り、わきの下、足の付け根など)
・水分・塩分、経口補水液などを補給しましょう。
自力で水が飲めない、意識がない場合はすぐに救急車を呼びましょう。

高齢者や子ども、障がい者は、特に注意が必要です。

 高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対するからだの調整機能も低下しているので、注意が必要です。子どもは体温の調節機能がまだ十分に発達していないので、気を配る必要があります。

詳しい熱中症予防については環境省パンフレットをご覧ください。

お問い合わせは

健康センター 健康づくり係

〒937-0041 魚津市吉島1165 TEL:0765-24-3999 FAX:0765-24-3684

このページの作成担当にメールを送る

関連情報