• 文字サイズ変更
  • 文字を大きくする
  • 文字を標準にする
  • 背景色の変更
  • 背景色黒
  • 背景色青
  • 背景色黄色
  • 背景色白
  • サイトマップ
  • TRANSLATION
暮らし・手続き
子育て
健康・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
市政情報
観光

農振除外について

2018年9月27日更新

 魚津市では「農業振興地域の整備に関する法律」に基づき、農業振興を図っていく地域を農用地区域として設定し、優良農地の確保・保全に努めています。
 農用地区域内の土地については、農業以外の目的には利用できないことになっており、やむを得ず他の目的に利用する場合は、農振除外の手続きが必要です。

1.農振除外の要件※下記の要件をすべて満たすこと
 ・必要性及び緊急性があり、他に代替すべき土地がないこと
 ・農用地の集団化、作業の効率化等、土地の農業上の利用に支障を及ぼすおそれがないこと
 ・認定農業者等に対する利用集積に支障を及ぼすおそれがないこと
 ・農用地の保全等に必要な施設(かんがい排水施設、農道など)の機能に支障を及ぼさないこと
 ・土地改良事業を行った区域内の土地に該当する場合は、工事が完了して から8年が経過していること
  ※該当する土地改良事業及び受益範囲はこちら

 また、他法令の許認可の見込みがあることが必要ですので、計画については必ず事前にご相談ください。

2.願出書受付期日(年4回)※土・日・祝日の場合は前開庁日
 ・1回目 5月20日
 ・2回目 8月20日
 ・3回目 11月20日
 ・4回目 2月20日

 書類に不備がある場合、次回受付となることがあります。提出前に必ず事前にご相談ください。

 願出書提出から各関係機関との調整、県知事との事前協議、住民への公告縦覧、意見申出期間などを経なければならないため、手続き終了までは通常約6ヶ月を要します。ご理解のほどよろしくお願いいたします。
 なお、農用地区域として設定されていない区域の農地の転用については、農地法4条、5条の規定に基づく許可申請からの手続きとなります。

お問い合わせは

農林水産課 農政振興係

〒937-8555 魚津市釈迦堂1-10-1 TEL:0765-23-1032 FAX:0765-23-1053

このページの作成担当にメールを送る

関連情報