• 文字サイズ変更
  • 文字を大きくする
  • 文字を標準にする
  • 背景色の変更
  • 背景色黒
  • 背景色青
  • 背景色黄色
  • 背景色白
  • サイトマップ
  • TRANSLATION
暮らし・手続き
子育て
健康・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
市政情報
観光

サルを目撃したら・・・

2019年7月5日更新

ニホンザルのオスは、他の群れへ入るために移動する習性があり、その過程で市街地へ迷い込むことがあります。

サルを見かけた場合は、以下のことに注意して冷静に行動してください。

また市街地で目撃した場合は、市役所や警察へ情報提供をお願いします。

 

 1 不用意にサルに近づかない・目を合わせない

 人が不用意に近づくと、サルは威嚇されたと勘違いし、人を襲う場合があります。また、大声に驚いたり、目線が合ったりした場合も同様の行動をとることがあります。 刺激を与えなければ、サルが人を襲うことはほとんどありません。サルを見かけても、珍しいからと近づいたり、写真を撮ろうとしたりせず、目線を合わせないようにしてその場を離れてください。

2 エサを与えない

 人がエサを与えると、エサの味を学習したサルが人里に居つくようになります。人に慣れたサルは、周囲の人家に侵入するなど、地域全体に被害を及ぼす原因となります。 絶対にエサを与えないでください。また、畑の野菜くずや収穫する予定のない果樹、お墓のお供え物、生ごみなど、エサとなるようなものを屋外に放置しないでください。

3 戸締りを徹底する

 二階の窓から人家の中に侵入してくる場合もあります。十分注意してください。 被害を防ぐために

お問い合わせは

農林水産課 農産振興係

〒937-8555 魚津市釈迦堂1-10-1 TEL:0765-23-1034 FAX:0765-23-1053

このページの作成担当にメールを送る

関連情報