• 文字サイズ変更
  • 文字を大きくする
  • 文字を標準にする
  • 背景色の変更
  • 背景色黒
  • 背景色青
  • 背景色黄色
  • 背景色白
  • サイトマップ
  • TRANSLATION
暮らし・手続き
子育て
健康・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
市政情報
観光

風しんに注意しましょう

2018年11月27日更新

関東地方を中心に風しん患者の報告数が増加しており(県内では11/22現在9件)、今後も感染が拡大する可能性があります。風しんは妊婦が感染すると先天性風しん症候群を引き起こす可能性があることから、妊娠を希望される方や可能性の高い方、妊婦の周囲の方、また30代から50代の男性で風しんにかかったことのない方、予防接種を受けていない方は、ぜひ予防接種・抗体検査をご検討ください。 

<風しんについて>  麻しんウイルスは、患者の飛沫(唾液のしぶき)などによって感染し、潜伏期は2〜3週間です。主な症状として発熱、発疹、リンパ節の腫れが認められます。妊娠20週頃までの妊婦が風しんに感染すると、赤ちゃんに白内障、先天性心疾患、難聴などの症状が生じることがあります。 

<風しんの予防法について>  風しんおよび先天性風しん症候群は予防接種で予防することができます。妊娠を希望される方や可能性の高い方、妊婦の周囲の方は、抗体検査、予防接種をご検討ください。妊娠中は予防接種が受けられないため、周囲の方が予防接種で免疫をつけて、妊婦を風しんの感染から守りましょう。 

☆平成30年度の麻しん風しん混合ワクチンの定期接種対象者と期限
第1期:1歳児→2歳の誕生日の前日まで  
第2期:小学校入学前1年間の児(H24.4.2〜H25.4.1生)→H31.3.31まで
この対象以外の方は任意接種(有料)で接種することができます。医療機関でご相談ください。

風しん抗体検査には助成制度があります。 

富山県「風しんの予防対策の徹底をお願いします」

 

 

お問い合わせは

健康センター 母子保健係

〒937-0041 魚津市吉島1165 TEL:0765-24-0415 FAX:0765-24-3684

このページの作成担当にメールを送る

関連情報