• 文字サイズ変更
  • 文字を大きくする
  • 文字を標準にする
  • 背景色の変更
  • 背景色黒
  • 背景色青
  • 背景色黄色
  • 背景色白
  • サイトマップ
  • TRANSLATION
暮らし・手続き
子育て
健康・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
市政情報
観光

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)のコンビニ交付について

2022年8月17日更新

令和4年7月26日より、個人番号カード(マイナンバーカード)を利用して、新型コロナワクチン接種証明書をコンビニで取得できるようになります。コンビニ交付が可能な市区町村やコンビニ等店舗等については、こちらをご覧ください。

必要なもの

・マイナンバーカードと暗証番号※1
・接種証明書発行料(120円)※2
※1マイナンバーカードを窓口で受け取った際に設定した4桁の数字(券面項目入力補助APの暗証番号)
※2印刷不良の場合を除き、発行後の返金には対応できません。コンビニ等の端末により、発行前にご自身で内容を確認いただくことになりますので、適宜、接種時に交付された接種済証など接種事実が確認できる書類等をお持ちいただくと、内容の確認をスムーズに行うことができます。

コンビニ交付で海外用の接種証明書を発行する場合

コンビニ店頭では、旅券番号等の入力ができません。そのため、コンビニ交付で海外用の接種証明書を取得するためには、令和4年7月21日以降に、ワクチン接種日当日に住民登録があった市区町村での発行もしくは新型コロナワクチン接種証明書アプリで【海外用及び日本国内用】の接種証明書を取得している必要があります。

※令和4年7月21日以降に【海外用及び日本国内用】の接種証明書を発行したことがない方もしくは発行当時と旅券番号が異なる場合はコンビニ交付ができませんのでご留意ください。

 

利用可能なコンビニ業者

接種証明書のコンビニ交付が利用可能な事業者は以下の通りです。令和4年7月26日時点では、北海道等の一部地域のコンビニ等の店舗でのみ利用可能です。今後、対象事業者の拡大が予定されていますので、最新情報は厚生労働省ホームページ等でご確認ください。
・株式会社セイコーマート
・株式会社ハセガワストア
・株式会社道南ラルズ
・株式会社タイエー
・株式会社セブンーイレブン・ジャパン(令和4年8月17日開始)

利用可能時間

午前6時30分〜午後11時(土日祝日含む)

発行料

1通あたり120円

発行方法

日本国内用

コンビニのキオスク端末を使用し、発行してください。

海外用及び日本国内用

事前にワクチン接種日当日に住民登録があった市区町村窓口または新型コロナワクチン接種証明書アプリで旅券番号等の情報を登録したうえで、コンビニのキオスク端末で発行してください。

注意事項

・コンビニ交付には、マイナンバーカードが必須です。
(カードに「利用者証明用電子証明書」が搭載されている必要があります)
・発行料の返金はできませんので、料金支払い前に証明書の内容をよくご確認ください。接種記録に誤りがある場合はワクチン接種日当日に住民登録があった市区町村へお問い合わせください。
・4回目接種の接種記録を反映した証明書の発行には時間がかかる場合があります。

 

お問い合わせは

健康センター 母子保健係

〒937-0041 魚津市吉島1165 TEL:0765-24-3999 FAX:0765-24-3684

このページの作成担当にメールを送る

関連情報