• 文字サイズ変更
  • 文字を大きくする
  • 文字を標準にする
  • 背景色の変更
  • 背景色黒
  • 背景色青
  • 背景色黄色
  • 背景色白
  • サイトマップ
  • TRANSLATION
暮らし・手続き
子育て
健康・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
市政情報
観光

新型コロナウイルスについて

2020年7月8日更新

〇重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合            (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

〇上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合                 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)                                   

相談窓口 新川厚生センター 魚津支所 TEL 0765−24−0359
                   FAX 0765−24−9220
                   お問い合わせフォームはこちら 
聴覚に障害のある方やお電話での相談が難しい方はFAXかお問い合わせフォーム
をご利用ください

 

新型コロナウイルス感染症とは?
過去ヒトで感染されていなかった新種のコロナウイルスが原因と考えられる感染症です。コロナウイルスは人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスで、人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られています。深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるのはSARSとMARSで、それ以外は感染しても通常は風邪などの重症でない症状にとどまります。

どうやって感染するの?
現時点では飛沫感染(くしゃみや咳など)と接触感染が考えられます。

感染しないようにするために
<手洗い>
ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。
@流水でよく濡らした後、石けんをつけ、手のひらをよくこすります。
A手の甲をのばすようにこすります。
B指先・爪の間を念入りにこすります。
C指の間を洗います。
D親指と手のひらをねじり洗いします。
E手首も忘れず洗います。

 

ほかの人にうつさないために
<咳エチケット>
咳エチケットは咳・くしゃみの飛沫による感染を防ぐために、個人が咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえることです。特に電車や職場、学校など人が集まるところで実践することが重要です。正しい咳エチケットは以下のとおりです。
@マスクを着用する。 マスクをつけるときは取扱説明書をよく読み正しくつけましょう
Aティッシュ・ハンカチなどで口や鼻を覆う。 使ったティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう
B上着の内側や袖で覆う。

新型コロナウイルスを防ぐには

 

新しい生活様式

令和2年5月4日の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議において「新型コロナウイルスを想定した『新しい生活様式』」が示されました。新型コロナウイルスの出現に伴い、今後は、一人ひとりが感染防止9の3つの基本である@身体的距離の確保、Aマスクの着用、B手洗いや3密を避ける等の対策を取り入れた生活様式を実践することが求められています。これまでとは異なる生活環境化で迎えることとなりますが、一方で熱中症予防に気を付けなければなりません。十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防にもこれまで以上に心掛けるようにしましょう。

熱中症に注意しましょう



関連リンク
首相官邸「新型コロナウイルス感染症に備えて」
厚生労働省「新型コロナウイルス関連肺炎の発生について」
富山県「新型コロナウイルス感染症について(相談窓口)」

厚生労働省「子どものいるご家族へ」

厚生労働省「妊婦の方々へ」

日本老年医学会「高齢者として気をつけたいポイント」

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) 

 

お問い合わせは

健康センター 母子保健係

〒937-0041 魚津市吉島1165 TEL:0765-24-3999 FAX:0765-24-3684

このページの作成担当にメールを送る

関連情報